バイアグラとお酒


ALT_IMG_PAGE_baiagura_to_osake

この記事でバイアグラとアルコールの相互作用についてお話します。実を言うと、未だにこの質問には明確な医学的結論はありません。しかし、医学的な観点から見た否定的な根拠はありませんが、論理的に考えればバイアグラとお酒を同時に服用することは好ましくないこともあります。

まず、勃起機能を向上させるためにバイアグラを服用するのに、男性機能を低下させるアルコールを飲む必要はあるのでしょうか。
また、お酒との併用は心血管疾患を起こす重大な危険因子となります。バイアグラはあくまでも男性機能障害の治療に使用されている精力剤なので、服用時充分に気をつけてください。

お酒は全く駄目だと言うわけではありません。
ただ、飲酒量を調節して、飲むようにしてください。また、脂肪分の多い食べ物の摂取をお控えください。大きなパーティーや飲み会の予定がある場合、バイアグラの代わりに「バイアグラソフトタブ」の服用をお勧めします。
バイアグラソフトタブは飲酒や食事の影響を受けにくいED治療薬です。
バイアグラソフトタブはジェネリックバイアグラであり、効果持続時間はバイアグラとほぼ代わりがなく、使用しやすいのは特徴です。
 

バイアグラとアルコールの相互作用について(化学的な観点から)

化学的な観点ではバイアグラの有効成分であるシルデナフィルはアルコールと相互作用しません。全ては化学的に証明されています。
飲酒は勃起機能だけに悪影響を及ぼすわけではありません。過剰飲酒は肝臓などの内臓器官にダメージを与えます。
まれに、全体の筋骨格系が無効になることが報告されています。おそらく誰しもアルコールに関する自身の(自分なりの)考え方を持っているでしょう。

しかし、医薬品との併用の場合、通常の倍の注意を払うべきです。お酒をほどほどにすれば、勃起を克服できるだけでなく、健康体を持つことができます。

上記の情報に基づいて、次の結論を出すことができます。バイアグラとお酒の同時の服用は可能ですが、効果発現時間が遅れることがあります。
注意:性的刺激がある場合のみ、効果を発揮します。
性的興奮を増加させるために様々なサプリメントをお勧めします。

ドラッグストアではバイアグラとこれらのジェネリックED治療薬も格安で購入できます。

私たちのサイトでは女性の不感症を克服する女性用バイアグラ治療薬を見つけることができます。

ご質問等ございましたら、当サイトのカスタマーサポートセンターまでお気軽にメールや電話にてお問い合わせください。

EDセルフチェック
QR_CODE_ALT

このページのトップへ

         
安心の梱包 匿名 日本語カスタマーサポート クレジットカード
安心の梱包 匿名 日本語カスタマーサポート クレジットカード 銀行振り込みでお支払いOK